読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

idolphilosophy’s diary

自分の為のアイドル現場メモ

2/8 りななん

2/8に私立恵比寿中学松野莉奈さん、りななんが亡くなった。

松野さん推しだし、今でも受け入れがたい気持ち(現在2/14)はある。

ソロコンも行って親のような気持ちで見守ったし、今年も年明けにエビネギLIVEを見て、1/15には写真集のお渡し会で本当に一言だけど話したし、元気そうだったので信じられない、だってまだ18歳だよ…

最初は心に穴が開いた気分で、映像も曲も聴けなかったけど、今は逆にりななんが居た事を忘れたくないから、少しずつ動画を観て楽しかった事を思い出している。そりゃ、涙ぐむこともあるけど。

それに、メンバーやスタッフさん、あんなに最高な誰にも自慢出来る娘さんを突然失ったご両親の方が、一ファンより計り知れないくらい辛いに決まっている。

 

悲しんでばかりもいられないので、ファンとして松野莉奈さんの思い出を。

 

エビ中自体は8人になってからの興味を持って、TVKエビ中グローバル化計画という番組を観てて徐々に好きになって行った。

とはいえももクロが好きなので、なんとなくメンバーの名前や顔も知っていたけど、初めてライブに行ったのは有明で行われたエビキュリ、それから年明けのファンクラブイベントに行って、最初ひなた推しとして登録していたけど、あまりにひなた推しが多く自分が応援しなくてもいいかなと思って、別の子を応援しようと思った。

で、見た目的には超美人さんなのに、人気が上位ではないっぽいりななん推しになると決めた。

最初は決めただけなので、どうも歌があまり得意ではなさそうな事、背が大きくてモデルさんみたいな美人さんだなぐらいにしか思っていなかった。

ただ、推すと決めて注意して見ていると、凄く魅力的な人だとすぐに気付いた。

キャッチフレーズ「見た目は大人、中身は子供」というのもまさに的を射ていて、ぱっと見のクールさと裏腹に、こんな天真爛漫な人はいないんじゃないかというくらい、表情豊かで時々機嫌が顔に出てギャップにやられてしまった。

それからは、印象的なパートを貰うとそこを楽しみに(ハイタテキの三日座禅~のところとか本当に楽しみで…)観るようになった。

すぐ感情が出て、しょうもないところでも泣いてしまうところもかわいかったな。

買物対決で予算オーバーで泣いたり、たすたす裁判で突然泣いたり。

一方で、ファミえん2015の舞台裏でイヤモニ不調で大泣きしてたのに、ステージではそんなところを一切見せずにやりきった事を、円盤のメイキングで知って、もっと好きになった。

アイドルを推す理由って、成長していく過程が見られるという事は良く言われる事だと思うけど、本当に成長していく姿をこんなに楽しみに出来るアイドルは他にいなかった。

歌だって、そんなに上手いとは言えないけど、確実に成長していたし、印象に残るパートを多く担当していた。(ちちんぷいの「んがくくくっ」とか好きすぎる)

www.youtube.com

年明けのエビネギライブでは、Negiccoとの混合編成でセンター的役割で、歌の成長も見せてくれていたので、お渡し会で歌良かったよって言えて良かった。

モデルとしてもこれから楽しみだった。

本当に、輝ける未来しかなくて、りななん自身も凄く悔しいと思うけど、亡くなってどれだけの人に慕われていたか、ファンとしても感じているけど、これからもずっと忘れないから、エビ中を天国から見守っていてください。

本当に今迄ありがとう。

これからもずっと出席番号9番松野莉奈を忘れないし、推し続けます。

(思うままに書いたので、全くまとまってないと思います、そのうち再編集します)