読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

idolphilosophy’s diary

自分の為のアイドル現場メモ

1/28 CHAOS Vol.4@目黒鹿鳴館

麻美ゆま

以前もフィロのスと対バンだったけど時間が間に合わず見れなかったので、

今回全部じゃないけど見れて良かった。

歌上手いです。曲調はJ-POP的ロックという感じで、好きな人ははまるかも。

個人的には曲はそんなに惹かれなかったけど、フィロのスヲタも気に入っている人多数。

 

ライムベリー

喉を痛めているMIRIがDJ、OMOCHIがMCという変則編成。

何度か見ているうちに知っている曲も増えてきて、対バンでいたら嬉しいグループになった。

後半、MIRIがMCに戻るとやはりさすがの貫録。完全復活が楽しみ。

 

フィロソフィーのダン

まずはセトリ

アイム・アフター・タイム

プラトニック・パーティー

MC

熱帯夜のように

ソバージュ・イマージュ

ライク・ア・ソンビ

すききらいアンチノミー

MC

はじめまして未来

アイドル・フィロソフィー

というか、これを書いているのは2月の半ばなので正直記憶があやふやです。

でもこのセトリかなり好き。ソバージュは久しぶりにやったような気がする。

ソバージュ、ゾンビ、そしてはじめまして未来、と割とおとはす、あんぬのコンビがフューチャーされている新しめの曲も、以前だったら歌割はハル、マリリに偏ってただろう。

当然、二人に任せておく方が歌唱的には安心だけど、全体のレベルアップ、それぞれの声のバラバラさもフィロのスの魅力なので、ここで四人のパート割が割と均等になってきたのは次のステップへの準備なのかなという気がした。

そしてはじめまして未来はサビの振りが初見でも真似しやすく、アウェイ現場にも持っていきやすい曲だと感じた。

なにより、鹿鳴館は傾斜があって後ろでも見やすいので、好きな箱です。